完全無料!全国対応!LED照明を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

【改正】白熱灯・蛍光灯が製造中止?【2020年問題とは?】

LED照明一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

白熱灯・蛍光灯が2020年に無くなる?
LEDって実際どうなの?
LEDの特徴

 

 

 

白熱灯・蛍光灯が2020年に無くなる?

 

2015年に一部のメディアで報道された、「2020年度以降、発光ダイオード(LED)照明の利用を促すため、白熱電球や蛍光灯を原則禁止にすると、政府が方針を固めた」という内容により、白熱電球や蛍光灯が日本から姿を消すと思われました。

 

実際には禁止にするといった事はありませんが、エネルギー効率の悪い照明器具をエネルギー効率の良いLED照明等に以降していく動きは確実に来ています。

 

政府が2020年を皮切りに、省エネルギー性能の基準を強化する方針を固めた事が物語っていますね。

 

そもそも政府が省エネルギー対策に力を入れるのには理由があります。

 

それは日本のエネルギー自給率の低さが原因です。

 

現在、日本はエネルギー原料の大部分を輸入に頼っている状態です。省エネルギー対策は、このエネルギー原料の輸入額削減だけではなく、CO2の様な温室効果ガスの削減にも繋がり、環境にも優しい一面があります。

 

この様に白熱灯や蛍光灯をLEDに変えていくだけで、地球規模で大きな変化に繋がるんですね。

 

そんな省エネルギー性能の高いLED照明ですが、耐久性にも優れています。白熱灯の寿命は1000時間、蛍光灯の寿命は10000時間と言われていますが、LEDの寿命はナント40000時間と言われています。

 

つまり買い替えまでの期間が、従来の照明とは段違いに長いのです。

 

買い替えまでの期間が長いという事は、その分のコスト削減にもなるという事であり、さらに消費電力も少ないので、電気代も節約できる事になります。

 

 

 

LEDって実際どうなの?

 

ここまででは良い事尽くしですが、LED照明の導入には高いハードルもありました。

 

それは導入コストの高さでした。販売価格が従来の照明と比べて数十倍するという理由で、導入に対する意欲を削いでいました

 

しかし、LEDの価格はここ数年で急激に下がってきており、近年では白熱灯の10倍程度と言われる程です。

 

導入コストも下がり、電気代や買い替え等のランニングコストも削減できるのであれば、これから企業はもちろん、個人宅でも需要が伸びていきますね。

 

さらに、導入に拍車を掛ける自治体の政策もあります。東京都では、「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」という省エネの推進を行なっています。

 

これは各家庭の白熱灯・蛍光灯を、電気屋でLEDに無償で交換してもらえるといった事業です。

 

この取り組みの第一弾は、2018年の7月で終了していますが、2018年の8月15日から第二段が始まりますので、東京都のにお住まいの方は是非利用してみてはいかがでしょうか。

 

家庭でも1ヶ月の消費電力のうち、40%は照明が占めると言われています。

 

LEDは発光効率が高いので、省エネ性能が高く節電効果に繋がり、発熱も抑えられています。

 

 

 

LEDの特徴

LEDの特徴1 赤外線や紫外線が含まれていない
LEDの特徴2 調光機能がある
LEDの特徴3 応答速度が速い
LEDの特徴4 発光効率が変わらない

 

赤外線や紫外線が含まれていない

光にも含まれているもの成分によって、他のものに与える影響も異なります。

 

蛍光灯には赤外線や紫外線が含まれていますが、LEDの光には殆ど含まれていません

 

紫外線は虫が好んで集まってきます。さらに照明の光による物の劣化を防ぐ事ができます

 

 

 

調光機能がある

LEDの器具には、照明の明るさを変えられる調光機能が付いています

 

LED以外の照明には付いていない「明るく・暗く」の様なザックリとした調節から、「20%・50%・75%・100%」の様な細かい切り替えが出来るモデルも登場しています。

 

基本的に調光機能が付いたLED照明は、シーリングライトと呼ばれる照明ですが、電球タイプのLED照明にも調光器に対応したものがあります

 

その場合はリモコンではなく、部屋の壁に付いている照明のスイッチで操作をする形となります。

 

この調光機能は、上手に利用すれば省エネ効果の期待できる為、コスト的にも嬉しい機能ですね。

 

基本的に明るさに比例して省エネになるので、寝る前は明るさをかなり落として利用する等の使い方をすれば、月々の電気代に対して大きな成果を生むかもしれません。

 

調光による省エネ性能は、8割の光量で約80%の消費電力に抑えられる為、20%はコストダウン出来る計算となります。

 

 

 

応答速度が速い

照明に電流を流して、実際に発光するまでの時間を応答速度と言いますが、LED照明は、この応答速度が非常に速いです。

 

その為、高速で点滅させる等の用途にも利用出来ます。

 

蛍光灯ではオンオフを繰り返す事で、寿命が短くなると言われていますが、LED照明は逆に頻繁に点けたり消したりする様な、トイレや廊下等の照明にも向いていますね。

 

 

 

寒い場所でも発光効率が変わらない

蛍光灯では、寒い環境だと発光効率が大変悪くなる為、寒い地域での照明や冷蔵庫や冷凍庫内の照明には不向きと言えます。

 

その点LEDは半導体である為、-20℃程度の低音環境までは発光効率が低下せず、安定的に発光させる事が出来ます

 

 

 

一括見積もりスタート