完全無料!全国対応!LED照明を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

LED照明のリース、ローン価格の相場【値段や価格】

商品を選ぶうえで性能やデザインの好みがあると思いますが、価格をポイントにおいているかたは多いでしょう。

特に会社で購入する場合には決め手といってもいいと思います。

LEDは明るさや長寿命などのメリットがあります。
反対に初期費用が高いというデメリットがあります。
LEDが世間に浸透してきた現在でもまだ購入を検討されている、
または一部だけLEDに切り替えて残りは様子見にとどまっているかたも多いはずです。

買い手の心理としてはもう少しタイミングを待てばもっと安くて良いものがでてくるかもしれないといったところでしょうか。
LEDの歴史が浅いという点もより慎重になってしまう要因かもしれません。

ですがLEDの特徴として毎月のランニングコストを大きく下げられるというメリットがあります。

コストの削減は早く始めるに越したことはありません。

近年LEDの普及に向けて各メーカーの競争が激しくなり、より手頃な価格になっています。
今がタイミングといっても良いのではないでしょうか?

一括購入の相場

40W型蛍光灯 
価格 1,000~3,000円/本

一般的な直管型の蛍光灯 
長さ   1,198mm
消費電力 10W~20W
設計寿命 40,000~50,000時間
色温度  電球色(3000K)、昼白色(5000K)、昼光色(6500K)など 

20W型蛍光灯 
価格 700~2,000円/本

長さ   580mm
消費電力 6W~10W
設計寿命 40,000~50,000時間
色温度  電球色(3000K)、昼白色(5000K)、昼光色(6500K)など 

直管型LED専用器具
価格 5,000~10,000円/台

取付タイプ  逆富士、埋込式、反射笠付、反射笠無
LEDと一体型のものも販売されています。

コンパクト蛍光灯
直管型のLEDを短く束にしたような蛍光灯。
直管型のタイプとダウンライト型のタイプがあります。

直管タイプ⓵ FPL型
価格 1,500~2,000円/本
消費電力 8W~10W
設計寿命 40,000~50,000時間
色温度  電球色(3000K)、昼白色(5000K)、昼光色(6500K)など

直管タイプ② FPL型
価格 2,000~3,000円/本
消費電力 15W~25W
設計寿命 40,000~50,000時間
色温度  電球色(3000K)、昼白色(5000K)、昼光色(6500K)など

ダウンライト型 FDL型 FHL型
価格 2,000~3,000円/個
消費電力 15W~25W
設計寿命 40,000~50,000時間
色温度  電球色(3000K)、昼白色(5000K)、昼光色(6500K)など

LED電球
価格 500~1000円/個
消費電力 5W~15W
設計寿命 40,000~50,000時間
色温度  電球色(3000K)、昼白色(5000K)、昼光色(6500K)など
消費電力に応じてルーメン(明るさ)も変わります。

LED投光器
主に屋外で使用するタイプの照明
価格 1,000~50,000/台
消費電力 10W~200W

LED水銀灯
工場や体育館などに使われることが多い照明
価格10,000~50,000円/台
消費電力 15W~250W

投光器や水銀灯に関しては照度や性能により価格はピンキリとなっています。

LEDの出始めの頃と比べると
直管型が1万円台後半、電球が5~6千円程度だった為、かなり値下がりしています。
従来の照明が1,000円程度で購入できていたことを考えるとコストパフォーマンスはかなり良くなっているようです。

初期費用はランニングコストで比較した場合、平均的なケースで2~3年程度で回収が可能となります。

さらに交換や故障のリスクも少ない為、LEDの平均的な寿命と言われる10年間では、より経費削減額は高まります。

購入時の注意点として取り替えは購入者自身が行うケースが多いです。
直管型蛍光灯には口金と呼ばれる接続部分の形の違いや、照明器具の違いがあり取り付け時に安定器の取り外しや配線工事が必要となるものがあります。
間違って取り付けを行ってしまうと、火災などの重大な事故に繋がる危険があります。

よく商品広告に工事不要といった言葉がありますが、見極めが必要です。

設置工事を依頼する場合、蛍光灯1本あたり1,000~1,500円程度の工事費用がかかります。
会社ともなれば照明の数は百本単位で使用しているはずですので
工事代金といってもばかになりません。
あとあとの事故やトラブルを無くすことを考えれば安いものかもしれませんが。

LED購入にあたりLEDの設置は修繕費として扱われてしまうため減価償却の対象にならないケースが多いという点。
地域によりますが省エネの補助金の対象になるケースがあるという点も考慮して購入を検討いただくことをおすすめします。

LED照明のリースの相場

会社への導入をご検討のかたであればリースを検討されているかたが多いはずです。

リースには

初期費用無しで導入できる。
月々のランニングコストで浮いたお金をリース料金にあてられる。
リースの期間中、保証契約を結ぶことが可能。
リース手数料等が発生する。
途中解約ができない。

といった特徴があります。

40W型蛍光灯 一般的な直管型の蛍光灯

価格 200~300円/本/月(リース 5年)
総額 12,000円~18,000円

20W型蛍光灯 
価格 150~250円/本/月(リース 5年)
総額 9,000円~15,000円

コンパクトLED 直管タイプ FPL型
価格 200~300円/本/月(リース 5年)
総額 12,000円~18,000円

コンパクトLED ダウンライト型 FDL型 FHL型
価格 100~200円/個/月(リース 5年)
総額 6,000円~12,000円

LED電球
価格 100~150円/個/月(リース 5年)
総額 6,000円~9,000円

LED投光器
価格 1,000~2,000/台/月(リース 5年)
総額 50,000~100,000円

LED水銀灯
価格 1,000~2,000/台/月(リース 5年)
総額 50,000~100,000円

一括購入が数年後の初期費用回収に対して、リースは期間中にどれだけランニングコストを浮かすことができるかが契約時のポイントになります。

リース契約時の注意点として
照明の使用頻度別のシミュレーションを行う事。
あまり使用しない場所をリースにしても最悪の場合、電気代の削減が出ないまま無駄に月々のリース代金がかかってしまうからです。

リースの期間にも注目が必要です。
契約期間は5年が平均的ですが、メーカーやリース会社によっては10年や15年の契約が可能です。
10年以上にもなるとさらに新しい性能のLEDや安価なLEDが出てくる可能性はありますが、契約期間が長いほどリースの料率が下がり月々の経費を抑える事が可能です。

リース契約には一部、リース期間満了時にLEDの所有権がリース会社から購入者に移る契約があります。
リースというよりはローン契約に近く期間満了後は物件(商品)代金がまるまる浮いてきます。

LED照明のレンタルの相場

LEDにはレンタルで利用することも可能です。

レンタルには

リース同様、初期費用無しで導入できる。
短期での利用も可能。
月々のランニングコストで浮いたお金をレンタル料金にあてられる。
レンタル期間中は保証を受けられる。
途中解約が可能。解約の場合違約金が発生する可能性があります。
リース以上に手数料が割高。
中古品が多い。

といった特徴があります。

40W型蛍光灯 一般的な直管型の蛍光灯
価格 250~350円/本/月

20W型蛍光灯 
価格 200~300円/本/月

LED電球
価格 150~200円/個/月(リース 5年)

LED投光器
価格 1,500~2,500/台/月

LED水銀灯
価格 2,000~3,000/台/月

従来の照明にはなかったサービスですがレンタルを行っている会社は増えています。
長寿命で、電気料金の大幅なコストダウンが可能。
高額な初期費用を抑えられるLEDならではのサービスと言えます。

LEDレンタルの特徴として契約年数は最短1年~最長5年が一般的です。

レンタル会社の中には長期契約で期間満了後は商品が契約者に譲渡されるところもありますが月々のレンタル料を含めると、結果的にはリースや購入したほうが断然お得です。

2~3年で移転や改築を予定している企業や、コンビニやイベント施設のように小規模で短期間での使用を目的とする場合には需要はありそうですがそれ意外での導入にはおすすめできません。

一括見積もりスタート